ぜんそく110番電話受付時間 平日00:00〜00:00 TEL 03-6912-1657
お問い合せ

東京公害患者と家族の会

お問い合せ
大気汚染被害の医療費救済制度実現に向けて
ENGLISH PAGE
大気汚染被害の医療費救済制度実現に向けて
ENGLISH PAGE
国にも大気汚染拡大に大きな責任

国は自動車排ガス、とりわけPM(排ガス微粒子)が喘息等を引き起こすことを知りながら、規制をサボタージュ。1972年にSPMの環境基準を設定しながら、自動車のPMの排ガス規制を始めたのは、何と30年後の2003年のことでした。


国は全国に幹線道路網を敷設して、モータリゼーションをまき起こし、これによって1970年代以降深刻な自動車排ガス汚染がもたらされていることを承知しながら、これに対する有効な規制を長年にわたって行ってこなかったのですから、その責任は重大です。

TOP